アロマの森〜アロマテラピーで心と身体をリフレッシュ

アロマとは何のこと?アロマセラピーって?

アロマというのは香りのこと。

 

アロマセラピーというのはアロマ(香り)でセラピー(療法)することを言います。

 

 

 

「アロマセラピー」と言ったり「アロマテラピー」とも言われます。

 

読み方が違うだけで意味は一緒。

 

英語読みをすると「アロマセラピー」、フランス語では「アロマテラピー」です。

 

 

 

 

アロマはリラクゼーションや気持ち・体をリフレッシュするのに役立ちます。

 

自然療法なのでしんどくありません。

 

 

調子がなんだか優れない、でも病院に行くほどでもない。

 

そんな時もあると思います。

 

それは心や身体が疲れているサインかもしれません。

 

 

 

アロマテラピーで心や身体を穏やかにリフレッシュさせて健康や美容に役立てませんか?

アロマテラピーのしくみ

アロマセラピーは精油(エッセンシャルオイル)を使って行う自然療法のことです。

 

精油(エッセンシャルオイル)というのは、植物のお花や葉っぱ、果皮、樹皮、樹脂などから抽出した油、素材のことをいいます。

 

天然素材だからもちろん身体にも良いです◎

 

アロマテラピーは、いま現代のストレス社会に生きるわたしたちにとって、リラックスする方法の1つとして、また健康や美容に役立てるものとしてとても注目されています。

 

では、どういった仕組みでアロマ(精油)が人の体に効果をもたらすことができるのでしょうか?

精油(エッセンシャルオイル)と偽物とアロマオイルの違い

アロマテラピーで使われる精油(エッセンシャルオイル)は植物から抽出した100%天然の素材です。

 

そして「精油(エッセンシャルオイル)」と「アロマオイル」は違うものなのです。

 

「精油(エッセンシャルオイル)」100%天然素材のものに限って言えるもので、

 

実は「アロマオイル」というのは合成の香りが混ざっていたり、化学香料のものの事なのです。

 

見た目は同じような小瓶なのであまり気にしたことがない方も、小瓶の後ろについているラベルをよく見ましょう。

 

商品名や品名の表記が
「精油(エッセンシャルオイル)」だと100%天然素材。
「アロマオイル」などの○○オイルというのは合成オイルです。

 

香りや匂いのあるオイル=精油(エッセンシャルオイル)と勘違いしている方も多いので、間違えないようにしたいところ。
購入する時は容器の裏にあるラベルをしっかりチェックしてアロマテラピーに使える「精油(エッセンシャルオイル)」を購入しましょう◎!

 

「精油(エッセンシャルオイル)」と「アロマオイル」の用途の違い

精油もアロマオイルも「香りを楽しむ」ものに変わりはありませんが、使い方が違うのでしっかりチェックしておいてほしいところ。

 

「精油(エッセンシャルオイル)」は香りを楽しむだけではなく、お風呂の湯船に入れてリラックスアロマバスを楽しんだり、精油を含んだお湯をタオルに含ませて絞り、温湿布のように脚に巻いたりなどと、さまざまな使い方ができます。血行促進や筋肉をほぐしたりと、精油の種類によってもいろんな効果が期待できます。

 

「アロマオイル」は香りをかいで楽しむという使い方のみ・・。他の用途はオススメできません。
精油は100%天然ですがアロマオイルは合成オイルのため、「身体に直接使っても問題がありません」というような注意書きがない限り、お肌へ使うのはやめておきましょう。肌荒れになりかねません。

 

購入する時には、自分の使い方に合ったものを買って、安全にアロマで楽しみましょう。

精油が人の体に作用するしくみ

精油が心身ともに働きかけるしくみは3パターンあります。

 

1つ目は嗅覚によってもたらされる作用、2つ目は皮膚から、3つ目は呼吸によってもたらされる作用です。

 

嗅覚を通しての作用
アロマを嗅ぐと、とっても良い香りがしますよね。香りの分子が鼻の奥に届くと、次は脳みそへと伝わって行きます。そうすることによって、精神的に気分が落ち着いたり、生理的にも作用します。

 

皮膚を通しての作用
アロマの分子はとっても小さいため、皮膚の表面から、皮膚のバリアゾーンを抜けて真皮へと吸収されます。真皮には毛細血管があり、その毛細血管にまで成分が到達すると、全身に巡られます。

 

呼吸によっての作用
呼吸によって、空気と一緒にアロマの分子を吸うと、肺から血管系に入り、血流に乗ります。そうすることによって全身に巡り作用します。